FC2ブログ
プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

イワウチワ(トクワカソウ)とイワカガミ 森はわからないことだらけ。だから森を歩くときは常に初心に帰りたいのです。

昨日、専門学校の実習を受け持ち、森林公園内を散策、様々な生き物に出会い、またまた発見がありました。
昨日の観察で心に引っ掛かるものがあってトゲのように刺さったまま、そこで今日はすべてを無にして再度森の散策です。

岩場ではイワウチワが満開、可憐な花を咲かせていました。
イワウチワは太平洋側に多く、日本海側のものは変種のトクワカソウまたはオオイワウチワとのこと
しかし、変種のレベルになるとその違いが私には良くわからないのです。太平洋側に行ってイワウチワなるものを観察して、このあたりのものと比較しなければ何とも言えませんね。
ここでは一般的に通った名称のイワウチワを使うことにします。

さて、このイワウチワ、どうも日の当たる時間が少ない北向き岩場斜面に多いようです。

展望台はその麓をぐるっと一周できるように道路と遊歩道が入っています。
180428 展望台遠景 
展望台は右の小高い岩山です。写真はほぼ南斜面を見ています。ちなみにこの写真は2018年4月28日に撮影したものです。

イワウチワを求めてこの山を散策します。
ちょうど写真の裏側にあたる北斜面にイワウチワが多いことがわかります。北斜面には岩上の天然杉がありますが、その絶壁のような岩のテラスにたくさんのイワウチワが群生しています。
190420 イワウチワ 展望台1 

190420 イワウチワ 展望台3 

190420 イワウチワ 展望台2


場所を変えて、森林公園内の岩尾根という場所に行ってみます。
痩せた尾根のてっぺんと南斜面にはイワウチワの姿は見当たらず、イワカガミの群生です。
イワカガミはイワウチワよりも20日以上遅く開花するようで、次の写真は岩尾根に群生するイワカガミを2017年5月17日に撮影したものです。この頃になるとイワウチワの花はほとんど終わっています。
170512 イワカガミ群生 
尾根上のイワカガミの群生
170512 イワカガミ群生2 
南側の斜面にもイワカガミが群生しています。
170512 イワカガミピンク2 

このイワカガミが群生する尾根上と南斜面にはイワウチワの姿は全く見当たりません。

この岩尾根をさらに進んで、尾根が急になって渓谷に落ち込んでいくあたり、その日陰の北斜面をのぞくとありました。イワウチワが群生する岩のテラスがありました。
190420 イワウチワ 岩尾根4 

190420 イワウチワ 岩尾根3 
190420 イワウチワ 岩尾根1
尾根を越えて弱く朝日が差し込む環境 こんなところにイワウチワは群生していました。
この環境は展望台の北斜面と酷似した環境です。

とはいえ、あらためて展望台を探すと天杉一郎の立つ斜面の裏側、斜面の向きでいうと南東斜面でしょうか。そこにもイワウチワが群生していました。
190413 イワウチワ 展望台南1 

190413 イワウチワ 展望台南2 

190413 イワウチワ 展望台南3 

北斜面ではなく南東側の崖です。群生環境は斜面の向きだけではないようです。
岩や斜度にも関係があるのでしょうか? 西日にさらされないことも条件なのでしょうか?
謎は深まり、観察意欲がパワーアップしますね。

森林公園の標高は180~300Mくらい。イワウチワの生育条件から見れば低標高のような気がします。標高の高い五頭の登山道にもイワウチワやイワカガミはあちこちに見られますが、登山道を歩いていてもこれほどはっきりとした棲み分けは感じられませんでした。
低標高では日照時間が少ない岩の上のテラスを好んで育つ、あるいは岩の上だからこそ他の植物が入り込めない。その環境だからこそイワウチワは繁殖できるのかもしれません。
イワウチワの語源にも意味がありそうです。
このイワウチワ、天然杉の生態と似ているところがあって興味深いところもあります。
イワウチワと天然杉 その生き様の共通性に何か興味をそそられます。
     答えを出すにはまだまだ観察が必要です。

一年に一度しか気づきのタイミングが得られない。一人の人間が一生かかってもその人にとっての森林(自然環境)は不思議のままです。だからこそ、常に初心に帰って何度も森を歩きたいのです。 

                                     文責  明石浩見
スポンサーサイト

春が始まった感! 生き物の生活が新鮮に見えてきます! 9時25分現在 天候曇り 気温7.5℃ 久しぶりのブログです。

久し振りにブログに手を出すことにしました。というのは、自らが考えていることが森を歩いていてあらためて気づかされることになったからです。
森をゆっくりと歩くことはとても大事なことですね。

森を歩いていると、既に春は思ったよりも早く、一段も二段も先に進んでいることが見えてきました。

サクラはあの堅い冬芽を膨らませて花芽が緑化してきました。あと何日で花を咲かせるでしょうか?
冬芽を大分ウソに食べられていましたが?それでも残った花芽は数多くみられます。このサクラの木の咲きぶりもウソの生活が反映されたアートになるのでしょうか?
サクラ花芽190406 
花芽が丸く膨らんで緑色を呈しています。これから赤みが出て開花に至るでしょう。あと何日で開花するでしょうか?

ヤドリギが花を咲かせています。
ヤドリギ190406 
ヤドリギは調べてみると雌雄異株、この木では不思議なことに雄花と雌花が同居。同じ枝の似たような場所から雄花の着いた枝と雌花の着いた枝が出ています。違う株が同居しているのでしょうか?
ヤドリギ雌花190406 
これは雌花です。

ヤドリギ雄花190406 
こっちは雄花です。
自然界は不思議で面白いことがいっぱいです。

地面に目を移すと、春一番のキクザキイチリンソウが花をつけ始めていました。
キクザキイチリンソウ190406 
木の葉が出る前のほんの短い間に繁殖生活を終えて、暑い夏は地面近くと温度が安定する地中で生活する春植物です。春の柔らかい陽射しが好きなのでしょう。

雪解けの後の林床(森の地面)には何やら土の盛り上がりが! モグラやネズミが雪の下で暮らしていた痕跡が現れます。
モグラ2190406 
あちこちに土が盛られたようになっています。

モグラ1190406 
モグラでしょうか? 
さらに地面をよく観察すると、落ち葉の下は小さな穴や土の盛り上がりがたくさん観察されます。ネズミたちの雪下トンネルです。彼らは人の見えないところでしっかりと寒い冬を乗り切っているのでしょう。
このトンネルは木々にとっては良いこともあります。人間の踏圧で固まったキャンプ場の土をほぐして、呼吸が苦しくなった木々の根っこに酸素を供給してくれるでしょう。
度が過ぎれば当然のことながら根っこを痛めたりはしますが、このくらいだと良い効果が期待できます。
雪国の厳しい冬も木にとっては悪いことばかりではないようです。雪の大事さが伝わってきます。

動物や鳥と樹木との関係は持ちつ持たれつで、動物の生活の結果が樹木の生活に大きな影響を与えていることが森を歩いていると感じさせられます。
サクラの咲きぶりやモグラやネズミのトンネルー彼らの生活の結果がその木の姿に反映されているといっても過言ではないようです。
一見すると、「共存」と言いたいのですが、それは「共存」というよりは「共存的に見える」といった方がより正しいかと思います。それは動物たちの目的はあくまでも「生活」であって「樹木と共に生きること」が目的ではないからです。
このことは人間と天然杉との関係とも似ているような気がします。天然杉は人間の必死な生活の末に台スギ状の形になったのであって山人が敢えて共存を目的に利用してきたからではないからです。その証拠に伐りすぎて枯れてしまった台スギ状の天然杉が多々見られます。生活のためには共存的な考えを断ち切ってまで伐らなければならない。人間を含めた生き物の世界はきれいごとだけではないことも肝に銘じておく必要があるかと思います。
早朝の一郎2 

森を歩くと様々な感覚がよみがえってきます。話が脇に反れてしまいましたが、天然杉やそれを取り巻く自然環境や人の生活については後日あらためてこのブログで詳しく述べることにします。

地面から再び目線をあげると。  
ハシブトガラス190406 
カラスが春の陽射しを浴びて活き活きとした姿を見せてくれました。

森の動きは毎日毎日が面白い。人の感性や思想を豊かにしてくれます。

                           文責  明石浩見

本日、午前中、科学館内工事による停電のため30分ほど電話が不通になります。

森林科学館からのお知らせ
本日、午前中、科学館内工事による停電のため30分ほど電話が不通になる時間帯があります。ご了承ください。

2019年1月28日、29日 中ノ沢森林科学館 臨時休館のお知らせ 

中ノ沢森林科学館

臨時休館のお知らせ

 

 WOOD コレクション(モクコレ) 2019出展、準備のため下記の日時、中ノ沢森林科学館を臨時休館させていただきます。何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

休館日:2019年1月28日、1月29日





2019年1月27日 冬の樹木観察会のお知らせ

かんじきウォーク 冬の樹木観察会のお知らせ


中ノ沢森林公園内をかんじきで休憩をとりながら歩いて周ります。 かんじきは山の生活の大事な道具、歩き方からはじまり初心者の方も 冬の森を楽しめる観察会です。公園内の天然杉をはじめ、樹木の冬の過ごし方や 動物の足跡を観察して歩きます。親子での参加も大歓迎です。 新雪の上を一緒に歩いて森のふしぎを探しに行きましょう。

○日時: 2019年 1月27日(日)
 9:00 受付
 9:30~12:00 観察会 

○集合場所: 中ノ沢渓谷森林公園・森林科学館

○装備服装: 暖かい服装・防寒具・長靴・雨具等・行動食・飲み物、 濡れた時の着替え(靴下、ズボン等) 雪上歩行用のかんじきは木の学校で準備します。子供用もあります。 また、スキーストックをお持ちの方はご持参ください。 

○参加費: 500円 (保険料等)

○募集人員: 40名 (定員になり次第、締め切らせて頂きます)

○申し込み: 1月25日(金)までに、森林科学館まで電話でお申し込みください。
 電話 0254-99-3226 

○観察会場所(予定): 中ノ沢渓谷森林公園. 展望台周辺 小雪決行ですが、当日の天候によってはルートを調整・変更させて頂きます。 大雪のため中止とした場合は前日までに電話、メール等で連絡いたします。 

※ ゴルフ場を経由して中ノ沢に入る道路は積雪のため通行不能です。 将軍スギまたは三川温泉からの道路を利用してください。

主催: NPO法人・お山の森の木の学校