FC2ブログ
プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

落ち着いた天気が続いています。12月22日午前8時30分現在 天候くもり 気温0℃ 積雪約55㎝

今朝も落ち着いた天気。空全体は雲が多いのですが、ところどころ青い空が覗いてきました。科学館周りは積もった雪に覆われて、館内は冷蔵庫化してきました。
171222 森林科学館正面 171222 森林科学館
年末に向けて、館内の大清掃が始まり、木工体験者にはご不便をおかけしますが、この週末ももちろん平日も開館しておりますので遊びにきてください。
年末年始は12月28日から1月3日まで休館になります。

今日は地衣類のアップ写真を羅列します。 地衣類の同定はなかなか難しいので名前は明記しませんが、樹木の皮の上で生活しているこんな生き物もいるのだということを知ってください。
171222 地衣類1

171222 地衣類4

171222 地衣類3
ここまではサクラの木樹皮の地衣類でした。

ここからはナシの木です。
171222 地衣類6
171222 地衣類7

171222 地衣類8

171222 地衣類9
171222 地衣類5 

 171222 地衣類10

これも樹上生活する生き物です。
171222 ヤドリギ
ヤドリギ
ヨーロッパのクリスマスにはとっても縁のある植物です。
https://lovegreen.net/gardentree/p60999/
今年も実をつけました。

171222 クリ

1本の樹木を取り巻く環境は複雑です。樹皮や樹上を見渡しただけでもとても多くの生き物たちが暮らしています。その生き物は普段は目にすることがない根っこにまで及んでいます。
樹木は大きいので関心はその大きな樹体にだけにいきがちです。しかし、1本の樹木はその木にとって必要な生き物、不必要な生き物などたくさんの生き物とのバランスで成り立っているものでもあります。木を見たらその周りの生き物にも気を留めてください。
そこには奥深い生き物たちの世界があります。

明石浩見

8月8日10:00森林科学館前29.5℃

ふるさと村、長岡まつりの木工体験とたくさんのご参加ありがとうございました。
森林科学館では毎日木工体験できます。お待ちしております。

今後は県立植物園で10日から17日まで出張木工体験を行います。
こちらもお待ちしております。

森林公園、台風の影響で普段はふかない風がふいています。
葉っぱの後ろが見えるのでいつもの木々の表情とはまた違って見えます。
20180808クリ台風前 
これはクリかな。

現在もアブが大量発生中です。車に集まりますがエンジンを切ってしばらくすると少なくなります。その後に降車してください。
20180808メジロ 


おいしそうなイチゴ発見!!
20180808コバノフユイチゴ
コバノフユイチゴ

目につく花は少なくなりましたが、こちらは元気よく咲いております。
20180808クサギ 
クサギ

材料準備で大忙しです。
ぜひおこしください。お待ちしております。

とっち

ようやく青空が見えました。7月26日天候晴れ 気温21.5℃(7時45分現在) まだメジロの発生はありません。

昨日までの長雨が終わって、今朝は青空が見え始めました。朝の気温は21.5℃ 日陰は涼しいくらいの気温ですが、日向に出るとやはり夏の日差し、暑く感じます。
今朝は雨上りの森林公園の様子をお届けします。
170726 科学館
森林科学館 奥の笠菅山の霧があがってきて、科学館裏のスギの木ときれいなコントラストを描いています。

森の中は昨日までの雨で、元気を出したキノコが顔を覗かせています。
170726 クサハツ
オキナクサハツ ベニタケ科のなかでもこのキノコは毒菌です。

170726 ツルタケ
ツルタケ 食べられるとはいえテングタケの仲間は怖いですね。食べたいときは良く調べてください。

170726 イグチ科SP1

170726 イグチ科SP2
上二つはイグチの仲間 種の判別は難しい仲間です。

170726 サルノコシカケ科SP2
170726 サルノコシカケ科SP 
この仲間が生きた樹木の根元に出た場合は要注意。木が枯れてしまいかねません。

中ノ沢川本流の様子。普段よりも水量が多いもののメジロ(イヨシロオビアブ)の発生を見ない今のところは快適な川遊びができます。
170726 河原

170726 河原岩山
河原のテントサイト

トンボも元気に飛んでいました。
170726 ミヤマアカネ1 170726 カワトンボ170726 トンボSP

タニウツギの葉っぱに毛虫が!
170726 オビガ幼虫
オビガの幼虫です。良く見るとなかなかきれいな毛虫です。この毛虫は毒はないのでさわっても大丈夫です。

170726 天杉一郎
真夏の天杉一郎。 今日も普通に立っています。 元気です。彼にとって雨は恵みです。

170726 キツネノボタン
道路の縁にはキツネノボタン。 小学生の頃、簡単な植物図鑑を買ってもらって、その図鑑に載っていたのがこれ。野の植物の定番です。懐かしさのあまり撮ってしまいました。

170726 ホオノキ
青空をバックにホオノキが元気いっぱい葉を広げています。

今日は梅雨が明けるでしょうか? もし開けたとしても前線南下型の梅雨明けでちょっと不安な明け方ですが。 今年の夏はどんな夏になるのでしょう。
今のところはメジロもいない状況ですが、彼らは必ずやってきます。暑くなると出てきます。

明石浩見

涼しい朝です。 7月20日 午前6時10分現在 天候晴れ 気温20.0℃ 

朝は涼しい中ノ沢です。いまだ北の高気圧圏内なのでしょう。でも、にっちゅうは ぐんぐん気温が上がりそうです。
今日はこの時期の花を紹介しましょう。
170719 ノリウツギ
まずは木の花から  ノリウツギ 
この木は和紙のつなぎのノリに利用されます。とっても堅い木です。

170719 タケニグサ
タケニグサ

170719 オカトラノオ
オカトラノオ

今日も暑くなりそうです。 
これから草刈りに出かけます。
明石浩見

森林科学館前 気温28℃ 晴れ

森林公園も蒸した暑さがつづいています。汗だくだく とっちです。
公園内の植物は木も草も元気いっぱい、下草刈りが忙しい時期です。

0711ムラサキシキブ2 
公園内のムラサキシキブ、黄色と紫の色味がやさしくてホッとします。
0711ムラサキシキブ1 
とっても勢いよく元気です。すごい生命力です。ドキドキします。

0711クリ雄花 
足元には、クリの雄花、たくさんのアリ、夏の森林公園も大忙しですね。


工作室にお客さん(^^)
0711来客 
涼みに来たのかな。どうぞごゆっくり。

公園内にも沢がたくさんあり、この暑さでもとても清涼感があってキレイで気持ちよい気軽に行ける場所がたくさんあるんですよ。水浴びしたいですね。
まだアブ、メジロが少ない時期です。今度、紹介しますね。

とっち