プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

3月28日午前8時30分現在 天候くもり 気温1℃ 積雪約80センチ

朝から時々雪模様でしたがこの時間少し晴れ間がのぞきはじめました。
森林科学館の屋根に雪が乗っかってます。
170328 科学館
170328 今日の空

今年はなかなか暖かくなりません。
でも、オオシマザクラは少しずつふくらみを増しています。
170328 オオシマザクラ

展望台もまだ冬景色です。
170328 展望台


スポンサーサイト

3月25日 午前8時30分現在 天候くもり(小雪) 気温0℃ 積雪約90センチ

今日は朝から雪模様の天気、降ったり止んだりです。
170325 科学館

冬のような天気なのですが、雪の降り方は春のなごり雪の感じです。
170325 雪3
170325 雪

今日はイチョウの木について

イチョウは木の幹が真っ直ぐに上に伸びていくタイプの木
どんな木でも上に行くのは木であれば当然のことですが、
彼らは枝もが上に上にと伸びたがる傾向の強い木なのです。
170324 イチョウ6

仮に主軸が折れたりして損傷すると脇の枝が我先にと立ち上がって
競って主幹になろうとします。
170324 イチョウ5
これは主軸が損傷して脇の枝が2本とも主幹になろうとしている例です。

170324 イチョウ1
こんな風にもなってしまいます。
170324 イチョウ2


170324 イチョウ4
170324 イチョウ3
森林科学館脇の幸地蔵沢に沿って10本近くのイチョウの木が植えられています。
まだまだ30~40歳くらいの若いイチョウがちょっと視点を変えてみることでいろんなことを
教えてくれますね。
皆さんもイチョウを見に来てください。






3月24日午前8時現在 天候小雪 気温0.5℃ 積雪約90センチ

おはようございます。 今日は雨ではなく雪になりました。
空は明るく、雲が切れたりもしてますが、細かい雪が
ちらちらと舞っている森林公園です。
170324 科学館
昨日まで見えていた林内の地面はさっと雪がかぶって
白く化粧されてしまいました。
170324 降雪
笠菅山も寒そうです。
170324 笠菅山


今朝は木の形について。
あがりこという言葉をしってますか?
鳥海山麓ではあがりこ大王というブナの大木が有名です。
山人が材料の確保(薪や炭などの燃料)のために雪のある時期に株を伐った
がためにできた木の形をあがりこといいます。
樹木の性質上、伐られた株からひこばえが発生、または伐られた当時から既に
存在した枝などが天空を目指して1本1本が競争するように伸びていきます。
科学館の近くにもそんな木がありました。
ホオノキが、これからあがりこになっていくような、ミニあがりこです。
100年先はあがりこ大王では?
伐られた位置が少し低いのでどうか?
170324 ホオノキあがりこ
望遠でひきつけるとこんな感じです。
170324 ホオノキあがりこ近接

最後に糸魚川の山奥で先年調査に入った時のあがりこを
紹介します。 ブナとスギ です。

ブナあがりこ2
ブナあがりこ1
スギあがりこ

以上 山人の生活が創り出した木の形でした。



3月23日午前8時現在 天候くもり 気温1℃ 積雪約90センチ 

今日の空   曇りだけどところどころムラがあります。
170323今日の空

展望台も雨上りでさっと靄が出てます。
170323展望台

奥の五頭山稜線は雲の下ですが、標高400M以上は雪の花が咲いているようです。
森林公園付近は雨だったのですが奥はまだ雪です。
170323五頭稜線方向

今日はコケと地衣類が繁茂するオオシマザクラの樹上世界を紹介します。
170323コケの絨毯

170323コケ
170323コケ玉

170323地衣類2
170323地衣類

科学館手前左の木がオオシマザクラです。
こんな身近にコケと地衣の世界が拡がっています。
170323科学館裏





3月21日 天候くもり 気温1℃ 積雪約95センチ 積雪が1メートルを切りました。

3月21日曇り空
170321 今日の科学館

積雪が1メートルを切りました。
今年は寒いせいか雪解けが遅れているようですが、
ようやく1メートルを割り込んできました。
170321 積雪
雪面の際の赤が1メートルのラインです。

170321 オオシマザクラ冬芽
オオシマザクラの冬芽もかなり膨らんできました。
でも、開花まではあとひと月近いでしょう。
(東京都心では今日にでも開花宣言が出るというのに)


科学館脇に植栽されたミズキ。
雪解けとともに残雪に引っ張られて無残な
状況に。
170321 ミズキ損傷2
170321 ミズキ損傷1
特に根元の損傷がひどいようです。
元々、ミズキは重い雪には弱い木のようです。
中ノ沢にも自然に生えてはいますが、それほど多い木ではありません。



出張木工体験教室のお知らせ

新潟県立植物園 ウエルカム・フェスタ

子ども向けわくわく体験教室(参加有料)
 開催時間/10:00~15:00
 会場/新潟県立植物園 花と緑の情報センター2階研修室
  3月19日、20日の2日間

キーホルダーやヤジロベエが作れるよ!(1作品400円)

みんなで来てね!!\(^o^)/

3月17日 五頭稜線 与平の頭がきれいです。 天候くもり 気温0.5℃ 積雪110センチ (7時30分現在)

久しぶりにちょっとだけ青空が見えます。 
その青空をバックに与平の頭と菱ヶ岳の雪面が映えます。
170317 与平の頭
今日のオオシマザクラ、冬芽の膨らみは止まったかのようです。
今週は寒さが続いています。
170317 オオシマザクラ

2日前の雨の夕方、ヒノキの葉っぱを採りにとんがりスギ近くに
行きました。とんがりスギは相変わらずがんばってました。
170315 とんがりスギ1

このスギの周辺には地衣類がもしゃもしゃと生えている木が多いのです。
地衣類は大気汚染に敏感だと言います。
この辺は地衣にとっての環境が良いのでしょうか?
170315 サクラ地衣類

170315 地衣類


とんがりスギはその日もとんがってました。
170315 とんがりスギ2




3月16日 午前7時30分現在、気温1℃、積雪110センチ、天気 くもり(霧雨)

今日の空は曇ってはいますが、ところどころ雲にむらが
ある状態です。とはいっても、今のところ青空は見えません。
ほんの少しだけ細かい雨の水滴が体に当たります。
170316 科学館脇

展望台側は霧もなくすっきりした輪郭が出てますが、
その左奥、五頭連峰の稜線は霧の中です。
170316 森林公園

笠菅山もはっきりと見えています。
この山は中ノ沢の人たちが前山と呼んで親しんでいます。
170316 笠菅山

青かぶりの写真が多かったのですが、今日はホワイトバランスを調整、
ようやく実際の状況に近い写真になりました。
あまり使ったことのないカメラでしたが、調整が少しずつわかってきました。
フィルムカメラを多用していたのでホワイトバランスなどどいう感覚は無いのです。

さて、今日は樹皮のそっくりさんを紹介します。
最初はヒノキ科の2種、ヒバとスギです。
スギは以前はスギ科だったのですが、最近はヒノキ科に仲間入りしました。
スギ派にとっては少し悲しい感じがします。

ヒノキ科木肌のコピー
何となく違いがわかりますね!

次はエゴノキ科の2種、エゴノキとハクウンボクです。
エゴノキ科木肌のコピー
これは似すぎていて樹皮だけでは見分けがつかない。
もしかすると、炭焼き職人ならわかるかも。
以前、炭焼きのプロが言ってました。
「俺は木の種類は木肌でしかわからない。葉っぱを見せられても見当がつかないだ。」
炭焼きの人は木肌で樹種を判別するようです。
山にはいろんなスペシャリストがいますね。






3月15日 天候 湿雪(時々曇り) 気温0℃ 積雪115センチ(今朝までの降雪量1~2センチ) 7時30分現在

昨晩の雨が雪に変わって今朝は木々にわたぼうし
超湿雪なので路面は白くならずにシャーベット状の
雪が2センチ程度降雪
森林公園はまたモノクロの世界になりました。
170315 森林公園

展望台を撮影、5分も経たないうちに霧がかかってきました。
雪が降ったり止んだりしてます。
170315 展望台1
170315 展望台2

3月14日 天候霧雨 気温1℃ 積雪115センチ 

霧にかすむ森林公園、細かい霧雨模様
春は一進一退、今日は初冬のような天気です。

170314 霧の公園

先日撮った写真から
スギの褐葉について

170311 スギ褐葉
三面コンクリの壁に出たスギの幼樹 まるで枯れたようですが。
寒い季節になるとスギも紅葉ならぬ褐葉が起きるのです。
葉緑体が減少してロドキサンチン(カロテノイドの一種)という物質の色
が現れた結果だそうです。
どうしてこういうことをするのか?なぜこういうことになるのか?
ヒントは赤くなることの意味を考えることかな?と思います。 
まだ解明されてないことだらけですね。