プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

寒い朝になりました。

4月27日 天候くもり  気温8℃(午前8時現在)
昨晩からの雨は上がったものの、この時期としては寒い朝になりました。
山から冷たい風が吹き降りてきます。
170427 サクラ
サクラもここにきて開花が停滞気味です。
公園標準木のオオシマザクラと思いきや、どうも開花の具合から見て
ソメイヨシノの気がしてなりません。
植栽時の資料にはオオシマザクラと明記されているのでそれと思い込んでいたのですが。
葉が開いたら再度種を同定してみます。

山には植栽されたサクラよりも一足早く地味に咲く桜があります。
オクチョウジザクラという種です。
170427 オクチョウジザクラ1
花は小さく可憐でかわいらしいのですが、
まったく地味で、咲いていても知らずに通り過ぎてしまいます。
170427 オクチョウジザクラ2
170427 オクチョウジザクラ3
昨晩の大雨にも負けず、今朝はしっかりと花を開いていました。
一見地味ですが、その陰には逞しさを感じます。

サクラに目を奪われると、これを見過ごしてしまいます。
ユキツバキです。
春の森に赤のアクセントを添えてくれるのですが、これもまた例にもれず
地味な樹種です。藪のようにまとまってあるのですが、花つきがまばらで
あまり良くない。写真を撮ろうとしてもきれいな咲き方の花がとても少ないのです。
これがユキツバキの特徴といえば特徴なのですが。
170427 ユキツバキ

雨が降ると元気になるやつらがいます。
コケや地衣類ですね。
170427 コケ、地衣
とても元気でした。

170427 コブシ
コブシの花も全開

170427 春の里山
今が一番きれい。
早春の森からでした。






スポンサーサイト

サクラが開花しました!

4月26日 天候くもり(弱い小雨) 気温11.5℃
ついにサクラが開花しました。 開花日は4月24日日中です。
170426 オオシマザクラ開花
170426 オオシマザクラ
公園標準木オオシマザクラの開花状況です。

早春の森林公園をみてみましょう。

170426 スミレ
スミレサイシン

170426 ニワトコ
ニワトコももうすぐ開花でしょう。

五頭の稜線に目を向けると。
170426 五頭連峰

ブナ前線は順調に上昇中です。 稜線に達するのはいつになるでしょうか?
170426 五頭ブナ前線
170426 五頭ブナ前線2




木の芽が膨らんできました。

4月24日 天候快晴 気温2.5℃(午前8時現在)
今日は快晴、ここ2日いい天気が続いています。
駐車場わきのイチョウ並木、開葉にはもう少し時間がかかりそうです。
170424 森林科学館

170424 イチョウ
今日のイチョウの新芽です。

170424 ミズキ
ミズキも大分膨らんできました。

気になるサクラはどうでしょうか?
170424 オオシマザクラ
毎度おなじみの森林公園標準木のオオシマザクラ 
やっと赤くなって開花の準備完了です。今日明日中には開花宣言かも
北海道並みの気候ですね。
170424 オオシマザクラと山並み
まもなくこの写真もサクラ満開の写真に変わることでしょう。


170424 オオシマザクラ別木
この木もオオシマザクラ、同じ並びの木なのですが、ちょっと日陰になる時間が多いのか、
開花準備は遅れ気味です。

他の木を見てみましょう。

170424 コブシ
コブシ

170424 ナシ
ナシ

170424 ヤエザクラ
ヤエザクラ

背後の五頭連峰に目を向けるとブナの開葉が始まってます。
170424 五頭稜線

170424 五頭稜線ズーム
ズームアップすると、稜線の前山が少し緑がかっています。
これがブナです。ブナは樹木の中でも開葉がとても早い樹種の一つです。


170424 ブナ開葉
五頭本峰側の前山のブナです。若干標高が低めなので開葉がさらに進んでいることが
わかります。

土曜日(22日)の午後に展望台に観察に行ってきました。
展望台下部の林床は春の花盛りでした。
イワウチワ
イワウチワ2
イワウチワ。この地方のものはオオイワウチワというイワウチワの変種のようですが、
この種類にはトクワカソウというそっくりさんもあって厳密な区別は難しいようです。

170422 ショウジョウバカマ
岩上のショウジョウバカマ

170422 カンアオイ
コシノカンアオイ

カツラは新芽が赤から緑に変化が始まってました。
170422 カツラ





















春を探しに行ってきました。

4月16日 気温7度(午前8時現在) 春の靄のかかったような青空の晴れです。
 
170417 森林科学館

ミズバショウの状態はといえば。 順調に咲き始めています。
170417 ミズバショウ1
170417 ミズバショウ2

春とはいえ、山の中、まだまだ道路にも残雪があります。 これが今シーズン最後の
雪上落ち葉の画像になるかも。

170417 クリ
クリの葉っぱ
170417 コナラ
これはミズナラでしょうか。

170417 コナラ2
コナラ
170417 ホオノキ
ホオノキ。 傍らに芽鱗の衣の落し物、一冬守ってくれてありがとう。

170417 ハウチワカエデ
コハウチワカエデ
170417 イタヤカエデ
イタヤカエデは脱色、葉脈標本のようになってます。

どこかに花はないかなと考える。そうだ沢ならばと思い、小さな沢を目指しました。

170417 ショウジョウバカマ蕾
ありました、ありました。 ショウジョウバカマがありました。

170417 ショウジョウバカマ
170417 ショウジョウバカマ近接

170417 ショウジョウバカマ2
春のわずかな時期をねらって花をつけるショウジョウバカマ。
雪消えの早い沢ではすでに満開のショウジョウバカマでした。


170417 コナラ芽生え前
昨秋はどんぐりが豊作でした。本葉が出たらまた紹介することにします。

春は着実に進んでいました。








4月16日 森林公園内の残雪の状況

4月16日 天候くもり 気温 5℃ (午前8時現在) 
170416 科学館

森林公園内(展望台近辺)の残雪の状況をお伝えします。

170416 森の小径現況
河原の森の小径周辺、北向きの日陰のため残雪量が多くなっています。

170416 河原現況
河原のテントサイトの現況です。

展望台は入り口付近が残雪で歩きにくくなってますが、一段上がると
雪もほとんどなく頂上まで快適なウォーキングができます。入り口から
約10分で頂上です。
170416 一本松と屋敷岳
展望台頂上から一本松と屋敷岳(一本松の左側)
右側の白く頭を覗かせているのが菅名岳の山塊です。

170416 笠菅山
展望台からの笠菅山

170416 岩村展望台
展望台山道途中から岩村展望台

170416 屋敷岳
屋敷岳の双耳峰も霧の上に見えます。

170416 とんがりスギ
とんがりスギは今日もとんがってます。

170416 展望台の大杉
170416 天杉一郎
最後は展望台入り口の 天杉一郎 です。









森林公園の散策マップが出来上がりました!

中ノ沢森林公園の散策マップが完成!
森林科学館に届きました。
新潟県の津川地区振興事務所のおかげで完成に到りました。
ユポ紙という雨に強い紙なので濡れても平気です。
森林公園の散策には必携ですよ。
170415 散策マップ
欲しい方は森林科学館までお出で下さい。無料で差し上げます。

今日の森林公園は朝方の曇りから、今は雨が落ちてきました。
天候 雨   気温 3.5℃ 残雪は軒下や林内等の日陰部分にまばらに点在してます。
170415 今日の景色
五頭の稜線にはまだまだ多くの残雪が見えます。

170415 オオシマザクラ
気になるサクラの花はといえば、科学館近傍のオオシマザクラ
芽は膨らんできましたが、花芽の赤みがまだ出ていません。

昨日は好天に恵まれて、キクザキイチゲの花が全開でした。
その2枚をどうぞ。
170414 キクザキイチゲ
170414 キクザキイチゲ紫

ニワトコも芽吹いてきました。
170414 ニワトコ

春はゆっくりと着実に進んでいます。





4月13日 春を探しに行ってきました。

4月13日 天候くもり 気温3℃ (午前8時現在)
170413 森林科学館

朝 春を探しに森をひとまわり、寒い中にも春はありました。

170413 ホオノキ
ホオノキの冬芽は先端に亀裂、衣(芽鱗)をぬごうとしています。

170413 ナナカマド
植栽されたナナカマド、開葉が始まってます。
170413 バッコヤナギ
バッコヤナギは開花が始まっています。

170413 ウワミズザクラ2
この芽も開葉が早い種類、ウワミズザクラです。

170413 ミズバショウ
知る人ぞ知る、科学館から歩いて3分、ミズバショウの湿地があります。
早くも咲いていました。

170413 ラクウショウ
この湿地の脇に植栽されたラクウショウがあります。
雪国には適応が難しいようで、先端が再三の雪折れでほうき状になっています。

170413 ラクウショウ気根
でも、根元を探ると。 気根がにょきにょき、がんばって生きてます。
地下水位が高いと呼吸のために出てくるのだそうです。

170413 ラクウショウ気根切痕
この気根、2年前に調査研究のために先端を切って経過を観察中です。
気根とはいえ、樹木の一部、早速修復のために巻き込みが始まりました。

170413 スギ実生
この湿地から少し下がった林内の苔むした切り株にはスギの実生ががんばってました。




続きを読む

キクザキイチリンソウが咲きはじめました。

4月11日 天候くもり 気温4.5℃(午前8時現在)
 積雪平均約5センチ(雪がまだらに残る程度になりました)

雪が残っているせいでまだまだ寒い森林公園ですが、
春を告げる花、キクザキイチリンソウが咲きはじめました。
170411 キクザキイチリンソウ
寒いので花は開いてませんが、ようやくこのくらいまで花が出てきました。

森林科学館周辺はこんな感じです。
170411 積雪

五頭稜線はまだまだ白く雪に覆われ、寒々としています。
170411 今日の景色

新潟市は既にサクラ(ソメイヨシノ)が開花しましたが、
ここのオオシマザクラはこのとおり、花蕾はまだ赤くなっていません。
170411 オオシマザクラ

まもなく山菜の季節が到来します。第一弾はフキノトウでしょう。
170411 フキノトウ





4月7日 天候雨 気温2.5℃(8時現在) 積雪35センチ

昨夕から雨が降り続いています。残雪のせいか、気温も上がらず寒い森林公園です。
それでも積雪は35センチまで低下、順調に雪解けが進んでいます。
20170407 積雪

雨にも負けず、小鳥たちは元気に飛び交っています。
20170407 小鳥

森林科学館はキャンプ場のオープンに向けた館内整理中、
見学や体験のお客様に不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください。
そんな科学館(お山の森の木の学校)では今年「うまさぎっしり新潟」観光推進協議会主催
のスタンプラリーに参加しています。
先日もキーホルダーづくりにお客さんがいらっしゃいました。
共通クーポン券の提示により、400円のキーホルダー製作体験が300円でできます。
4月1日から行っていますのでお出かけください。
      うまさぎっしりスタンプラリー で検索してみてください。

朝早く展望台に行ってきました。 天候快晴 気温1℃(8時30分現在) 積雪約50センチ

今日は久しぶりに青空、早朝に展望台に行ってきました。
170405科学館

道路わきのカエデの木、雪につぶされて無残な姿。
でも、雪が消えると元通りに復活するでしょう。
170405カエデ倒伏
170405カエデ倒伏2

3年前から木の学校で整備してきた展望台、天然杉が自生する貴重なエリアです。
1本立ちの天然杉もあれば、株立ち、台状の杉などなど見ごたえのある場所です。
170405天杉地立ち
170405天杉2




約20年前に雪の重さに耐えきれなくなって折れた天然杉
中心部が腐って強度が低下して折れたのでしょう。
生きていた当時の残骸が残っています。
しかし、写真左上には根元から立ち上がったスギが天を突いて
育っていました。同じ株の根元にあった小さい幹が立ち上がって
大きく育ったものと推測されます。
170405天杉折損2

170405天杉折損


展望台からの景色ー五頭の稜線がくっきりです。
手前中央の沢の両側に立つ2つの突起は左が岩村展望台、右が五葉峰(仮称)です。
170405五頭連峰


展望台頂上からとんがりスギを観察
写真左がとんがりスギ、その左奥にちょこっと見えるのが老いスギです。
170405とんがりスギと老いスギ

170405とんがりスギ
それにしてもきれいにとんがっていますね。ロケットのようです。
脇のモミやトウヒが関係しているのかなと妄想します。

展望台で格好の良い天然杉を紹介します。
170405天杉4

そしていつもの天杉一郎です。
170405天杉一郎

展望台にはカモシカも棲んでいます。
溜め糞がありました。
170405カモシカ溜め糞

生き物たちは春を待ち望んでいます。