プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

5月も今日で終わり。樹木の活動は全開。

3月11日に記事にしたスギの幼樹の褐葉。覚えている方もいるかと思いますが、そのスギの幼樹の今の姿を見てきました。
まずは3月11日の褐葉です。
170311 スギ褐葉
まるで枯れ木のようです。

次が5月28日に撮影した同じスギの幼樹です。
170528 スギ幼樹
葉緑体が勢力を増して、緑が表出してきました。
しっかりと元気に生きています。

さて、今日はひとつだけ地味な樹木の花を紹介します。
170531 コマユミ
コマユミです。 ニシキギ科で枝に翼のあるものはニシキギといって庭木などに良く用いられます。秋の紅葉とかわいらしい赤い実が庭を彩ってくれます。
でも花はいたって地味。ズームアップしてみます。
170531 コマユミ花
コマユミ 花

5月31日 天候晴れ(薄い雲が覆っているようなかすんだ晴れ) 気温17℃
ヒヨドリの声に混じってシュレーゲルアオガエルとモリアオガエルの声が聞こえてきます。
明石浩見
スポンサーサイト

朝からドン!!

森林科学館の玄関で、森の撮影の準備中、いきなりドン!と大きな音。玄関を開けても何もない。もしかしたら? 玄関わきに積んである乾燥材の上を精査すると鳥、きれいに拭かれた科学館のガラスに激突、即死でした。とってもかわいそうなことをしてしまった気分でそっと抱いて丸太の上に載せてあげました。合掌。
カワガラスでした。森の建物に透き通ったガラスは禁物。鳥たちがわからずに激突する事故が毎年2~3回は起きます。 対策が必要だと痛感しました。
170530 カワガラス即死 170530 カワガラス即死2
即死状態のカワガラス

気を取り直して森の散策に。時間的には既にヒヨドリの声が優先する時間帯でしたが、遠くからヤマガラのさえずり。さらに遠くからはカジカガエルの声が聞こえてきました。
森に入って最初に目にしたのはヒメシャガでした。
170530 シャガ2 170530 シャガ
ヒメシャガ

今朝は展望台に足を運んでみました。
ひっそりとそしてたくましく咲く展望台の花たちの紹介です。
170530 ヤマツツジ1 170530 ヤマツツジ2
今が盛りのヤマツツジ

170530 ヒメサユリ
藪の中にはヒメサユリ
この花を紹介すると盗掘され兼ねないのですが、幸いこのブログの閲覧者は日に6~7人、心ある方ばかりだと思うので敢えて紹介しました。

展望台は急峻な岩山、痩せた乾燥地を好むツツジ科の植物の宝庫です。
170530 アクシバ
アクシバ

170530ツツジ科SP
ウスノキ

170530 ハナヒリノキ
ハナヒリノキ

170530 ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク

とんがりスギも健在、今日もとんがってました。
170530 とんがりスギ
この時期、とんがりスギの観察は展望台の頂上が一番です。

中腹の天然杉も元気です。質感の良い木肌です。
170530 天然スギ


ブナ植栽地のなら枯れで枯れたコナラの伐採痕からひこばえが出てました。
経過観察をします。これが果たして立ち上がっていけるのか?
見守っていきましょう。
170530 コナラ朋芽1 170530 コナラ朋芽近接
コナラのひこばえ

林道を歩いて帰る途中にも多くの目を惹く生き物たちがいました。
170530 フジ花
フジをアップで撮りました。

170530 エゴノキ蕾
エゴノキは蕾状態。

170530 マムシグサ
マムシグサ

170530 ハムシ
イタドリハムシ
名前がわからなかったのですが、ネットで調べたらすぐに出てきました。
便利な時代ですね。
確かにイタドリの葉っぱについてました。

170530 コケ
最後はコケ ハイゴケの仲間でしょうか? コケは難しいですね。
帰りの伴奏はキビタキの美しいさえづりでした。

5月30日 午前10時15分現在 天候晴れ 気温20.5℃
明石浩見



もりのこなら、おーきくなーぁれ

こなら3兄弟 
こなら3きょうだい
右のこはのっぽさん
左の子ははっぱをたくさんつけてます。
真ん中の子は芽生えた時から穴があいてます。


科学館事務室脇のコナラさん
_DSC8034.jpg
今日は朝からよいてんき、たっぷり光をあびてます。

ありんこさん何か食べてるのかな
_DSC8028.jpg 
虫さんも木陰で休んでいるようです。
_DSC8029.jpg 
どうしたかな。ぐしゃぐしゃの葉っぱもあります
_DSC8032.jpg 
これから開く、ちいさな葉っぱもついてます
_DSC8031.jpg

 事務室にも木陰をつくってくれます。
_DSC8037.jpg 

ありがとう、コナラさん

とっち

雨の合間に森林公園内を巡回ー肌寒い朝です。

5月28日 8時15分現在 天候雨 気温13℃ 肌寒い朝です。さっきまで曇っていて、天気が回復すると思いきや、また雨が降り始めました。寒気の影響がとれないようです。
ちょっとの合間で公園の巡回に行ってきました。
雨上がりの森をお届けします。
170528 ミツバアケビ
まずはミツバアケビ この葉っぱは水をはじきやすいのです。
ちなみにこれからお届けするカエデの仲間はこれほど水ははじかないようです。

170528 錦金もみじ2 170528 錦金もみじ1
錦金もみじと名付けられたヤマモミジです。
さらにアップしてみます。
170528 ヤマモミジ
しっとりと濡れて光っています。
170528 イタヤカエデ
こちらはイタヤカエデ
170528 コハウチワカエデ
コハウチワカエデ
カエデも様々ですが、ミツバアケビほどは水をはじかないことがわかります。葉っぱの表面コートの違いでしょう。

さて、林床に目を向けてみます。
この時期の森は葉っぱが全開、林床はかなり暗くなっています。ひところの春植物は姿を消し、白いおばけが顔を出し始めました。
170528 ギンリョウソウ
ギンリョウソウ

枯れ枝の上をアリさんが一生懸命走っていました。
170528 走るアリ

とんがりスギを見たいと思ってあちこちから観察、この時期は周りの木に守られてその姿がなかなか確認できません。ようやく、カツラの広場からその姿を発見。相変わらず天を突いて尖がっていました。一安心です。このスギを守るのはスギを取り巻く周りの木たちです。観察のためと称してスギのまわりの木を倒すことはこの木の命を奪うことにつながります。じっと見守っていきましょう。周りの木もね。
170528 とんがりスギ
とんがりスギ

フジの花は既にピークを過ぎたようですが、探すとまだまだありました。
170528 フジ1 170528 フジ2

フジが終わる頃、ハクウンボクやトチノキが咲き始めます。
170528 ハクウンボク
ハクウンボク まもなく白いシャンデリアが見られることでしょう。
170528 トチノキ1 170528 トチノキ2
トチノキ
170528 オクチョウジザクラ2 170528 オクチョウジザクラ1
春先に藪に隠れてひっそりとたくましく咲いていたオクチョウジザクラ
今はもうサクランボになりました。
170528 天杉一郎
天杉一郎も元気です。
雨は森を活気づけます。雨の日こそ森の観察はおもししろいのです。
今日の天気予報は雨のち晴れ 午前中の降水確率は50%です。
今日は三川小学校の1年生が木工体験に訪れます。楽しい体験になるようスタッフ一同がんばります。
明石浩見

5月27日 雨上がりを撮ってきました。

昨夕からの雨はまとまった雨でしたが、この時間は上がって曇り状態、天候は回復に向かっています。森林公園の雨上がりを撮影してきました。
170527 雨あがり2 170527 雨あがり1
5月ももう終わりに近づき、緑が濃くなりました。ほんのひと月で大きく変わってその速さには驚きです。

170527 雨あがり3
ヤマモミジも雨に濡れて光っています。

170527 サクランボ
まだ、未熟なサクランボ、花が咲いたかと思っていたら、もう実をつけているのです。森の地面にはたくさんのサクランボの未熟果が落ちていました。

170527 コケ
雨上がりのコケはとても綺麗です。晴れの日が続いていたので元気がなかったのですが、恵みの雨で復活しました。
170527 コケ2 170527 クモ
コケの上にいた蜘蛛。何をしてるのでしょうか?

170527 宙吊り
こんなものも宙吊りになってぶら下がっていました。サクランボの未熟果です。蜘蛛の仕業です。でも、さっきの蜘蛛かどうかは定かではありません。

そんな中、木の花たちはどんな状況でしょうか?
170527 ヤマボウシ2 170527 ヤマボウシ1
ヤマボウシも咲き始めました。

170527 タニウツギ
タニウツギ
170527 ウラジロヨウラク 170527 ウラジロヨウラク近接
ウラジロヨウラク

5月27日 8時現在 気温13.5℃ 天候くもり
寒気の渦による雨あがりの、朝の様子でした。
明石浩見

雨もまたよし

今日は雨が降る公園です。
すっかりコナラは葉を開いて森の中はだいぶ暗くなってきました。
森の中は以外と雨があたりません。
公園 
足元にはたくさんの芽生えがあります。

なかでも今年はコナラの芽生えが目につきます。
コナラ (2) 
落ち葉をめくってみると、根元にはどんぐりさんがついてますね。


日陰の中、大きくなるのはとても大変。
コナラ 
さて、この子たちはどうなるでしょうか。



他の植物より背丈が高く、ササバギンランかな。
ギンラン 
背筋がのびていて凛としてます。小さいけれど、とても迫力があります。

大事に見守りたくなります。

とっち

ヤマは藤色

とっちです。18日のブログでイワカガミとイワガラミを間違えてましたね。ボケててすみません。修正しました。

さて、公園に向かう途中、川沿いのフジが真っ盛りです。
いろんな木に巻き付いたフジの花が迎えてくれます。
ホオノキフジ 
ホオノキにフジ

オニグルミフジ 
オニグルミにフジ

スギフジ 
スギにフジ

樹木によって樹形が違うからフジの印象も変わります。
面白いですよ。


この道の先に五頭の稜線が広がります。
R0025836.jpg 
今日もいい天気^-^
ぜひぜひお越しくださいませ。

とっち


続、木の花真っ盛り!

公園内の開花の様子もお楽しみください。5月18日朝撮影
マルバアオダモ
マルバアオダモ 白い花火のよう、はじけんばかりでした

オニグルミ
オニグルミ にょろにょろ不思議な生き物が空を浮かんでいるよう

コナラ 
コナラ しおらしくゆれてました。

ウワミズザクラ 
ウワミズザクラ 公園内満開ですね。モリモリ咲いてます。

ユキツバキ 
ユキツバキ いま時期ですとだいぶ花は少なくなりましたが、赤がしっとりしていて妙に惹かれました

イワカカガミ 
イワカガミ 後ろ姿を


どうぞどうぞ、足を運んでください
お待ちしておりますトチ!
トチノキ 

とっち

次から次へと木の花が咲いています。木の花真っ盛り!

次から次へと木の花が咲き始めました。
5月18日 天候晴れ 気温19℃(午後5時10分現在)

ここのところ体験用木工キットや木製名札の製作で大忙し、ブログ更新もままならない日が続いています。
そんな私に気づかうことなく木の花は次から次へと咲いていて、季節の進みは待ったなしです。あらためて日々の変化の速さに驚いています。

新潟方面から中ノ沢へ侵入する経路にゴルフ場経由の道路があります。通称石戸道といわれる、石戸集落の脇を通ってゴルフ場の峠を越えて中ノ沢に到る道です。
この道路周辺は裏五頭といわれる山域の中でも季節の進みの早い地域です。
石戸道のフジは既に満開状態、今年は特にきれいに咲いています。
今朝の石戸道の樹木の様子を少々。
170518 ホオノキ3 
ホオノキ
170518 ホオノキ2 
石戸道のホオノキは今が一番きれいな状態です。

170518 アカメガシワ2 170518 アカメガシワ1
アカメガシワが特徴ある新芽を見せてくれています。この木は石戸方面には多いのですが、森林公園周辺ではあまり見かけない木です。

さて、中ノ沢森林公園の樹木はどうかといえば。フジがようやく写真のくらいに開いてきました。
170518 フジ 
この辺は寒いのでかなり開花が遅れています。

170518 森林公園 
今朝の森林公園の様子。

170518 タニウツギ 
タニウツギが開花準備に入りました。
好天続きの5月は一年で一番エネルギッシュな季節です。樹木の観察には絶好の時期なので皆でお出かけください。


展望台のシャクナゲ情報

午前中に展望台頂上のシャクナゲの花を確認してきました。
シャクナゲ4
森林公園の展望台頂上部にはシャクナゲが植栽されています。
枝先につく花のまとまりを一つとして数えてきました。
今年は全部で200を超える花芽がつきました。日当たりのよい場所の株はたくさんの花がついていますが、日陰の場所ではほとんど花がありません。正直ですね。
シャクナゲ3
開花のピークは過ぎてしまっていますが、これから咲く蕾もあります。
今後も手入れをしてもっと元気になってもらおうと思っています。
 
公園内ではまだまだ森の花を楽しむことができます。
ゆっくりと山の花を探しながら散策も楽しいですよ。
ウワミズザクラ 
ウリハダカエデ
_DSC7552.jpg 
(上から、ウワミズザクラ、ウリハダカエデ、ツクバネウツギ)

ホウノキ、トチノキもまもなく開花、楽しみですね。

とっち