FC2ブログ
プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月18日 天候雷雨 気温21℃(午前9時現在) 

昨晩から雨が降り続いていますが、時々猛烈な降り方になります。今のところ、被害はありませんが、大雨洪水警報が出たままです。時々雷も鳴っています。
170718 今日の雨
時々周りが白くなるくらいの雨が降っています。

170718 科学館脇
雷も頻発、寒気の影響もあるのでしょう。気温は21℃ 蒸してはいますが、涼しい日です。

170718 本流の水量2 170718 本流の水量
本流(三階滝沢)の水量及び濁り具合はこの程度。今のところ中ノ沢川は暴れるほどにはなっていません。ひどい時は水がこの橋を乗り越えてきます。

そんな中、森の中は?
170718 タマゴタケ1
顔を出したばかりのキノコが倒れたり溶けたりしています。きのこにとってもこの雨は受難の雨。
170718 タマゴタケ3
根元から倒れています。
170718 タマゴタケ2
せっかく出てきたのに溶け始めてます。
これらは今の時期に発生するタマゴタケ。一見毒キノコのようですがとてもおいしいキノコです。学生時代に網の上に載せて、炭火で焼いて食べてみました。いくら図鑑で毒ではないと書いていても、いざ食べるとなると勇気がいる、そんな姿のキノコです。
でも、このきのこは森の木々と共生する菌根菌の仲間で、木にとっては大事なパートナーです。

同じ赤いきのこでもこっちは食べてもおいしくないキノコ。毒ではないらしいのですが、味は辛いそうです。
170718 ベニタケ科2
ベニタケ科 ドクベニタケ 
名前にドクとつきますが、辛くておいしくないということで、たいした毒性はないということです。
170718 ベニタケ科1
このきのこも強雨にたたかれて倒れています。
ベニタケ科の仲間のきのこも樹木と共生する菌根菌です。
これらはコナラの中にアカマツが混じる林床にありました。

この時間、弱いながらも雨が降り続いています。町内の常浪川では既に氾濫危険水位に達しているとのこと、何事も無く済むことを祈っています。

明石浩見

7月15日 天候くもり 気温23.5℃ (7時55分現在)

夏本番といいたいところですが、まだ、梅雨の最中、今年は蒸し暑い日が多くて科学館業務も大変です。事務室は敢えてエアコンを設置してはいません。自然な感覚がそがれてしまっては大事な体験指導に支障をきたしてしまいます。スタッフは常に季節感を大事にしなければならないのです。汗をかいて仕事をすることは身体にもいいのです。夏は暑いのが普通、人は汗をかいて体を冷やす仕組みを神様から授かっているはずです。

今日は私他1名が新潟市の住宅展示場でドアプレート体験教室です。 
東区の UXハウジングステーション です。
科学館はもちろん通常営業してますので科学館にも是非お出で下さい。

忙しくてブログの更新もままならない状況が続きます。
今日は写真がなくてゴメンナサイ。     
明石浩見

森林科学館前 気温28℃ 晴れ

森林公園も蒸した暑さがつづいています。汗だくだく とっちです。
公園内の植物は木も草も元気いっぱい、下草刈りが忙しい時期です。

0711ムラサキシキブ2 
公園内のムラサキシキブ、黄色と紫の色味がやさしくてホッとします。
0711ムラサキシキブ1 
とっても勢いよく元気です。すごい生命力です。ドキドキします。

0711クリ雄花 
足元には、クリの雄花、たくさんのアリ、夏の森林公園も大忙しですね。


工作室にお客さん(^^)
0711来客 
涼みに来たのかな。どうぞごゆっくり。

公園内にも沢がたくさんあり、この暑さでもとても清涼感があってキレイで気持ちよい気軽に行ける場所がたくさんあるんですよ。水浴びしたいですね。
まだアブ、メジロが少ない時期です。今度、紹介しますね。

とっち




7月8日 天候快晴 気温21℃ (午前8時30分現在)

おはようございます。 今日は五頭稜線がくっきりと望まれる快晴の天気。週初めの大雨の被害も無く穏やかな日をむかえています。170708 五頭稜線

ここにきて雑草の伸びが速くなってきました。科学館周辺も歩きにくくなってましたが、ボアンティアの方が刈ってくれました。
草刈りの季節は暑いのが普通。これからが除草の本番です。
170708 科学館
建物の前に生えている木はタラノキです。毎年大量の実をつけるため、その下はタラノキの芽生えだらけになります。とげが無ければありがたいのですが、とげだらけで少し触れただけで痛みを感じてしまいます。しょうがないので小さなものは刈られてしまいます。
科学館脇はタラノキの天然下種更新実験地になっているのです。

今週はあちこちに飛び歩いて、ブログの更新が滞ってしまいました。
明石浩見

梅雨空 7月1日 天候くもり 気温21℃ (午前8時現在)

昨晩から雨が降ったり止んだり、時々強く降ったりもしました。この時間は曇りの梅雨空、生暖かい風が吹いていつ雨が降ってきてもおかしくない空模様です。
170701今日の空
五頭の稜線はすっぽりと雲の下。今にも雨が落ちてきそうです。梅雨前線が少し上がっているせいか生暖かい南寄りの風が吹いています。本格的な梅雨に入りました。

170701 クリの花
梅雨の時期はこの花。 クリの花が全開、元気を出してきます。

数少ない花の中、ドクダミがあちこちに咲いています。
170701 ドクダミ

170701 マメコガネ
マメコガネがワラビの葉に群がってました。

170701 科学館玄関
森林科学館の玄関先には所狭しと材料が積んであります。子供たちのための大切な木工材料なので雨ざらしにするわけにはいきません。来館者にはご不便をおかけしますが何卒ご了解ください。木材の乾燥にとってはこの時期が最も大変な時期です。うまく乗り越えないと皆菌の餌食になって変色、腐食が出て強度が低下してしまいます。
明石浩見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。