プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

夏休み期間中の主な出張木工作体験教室の予定

<お山の森の木の学校 夏休み期間中の主な出張木工体験の予定>
(誰でも参加できる体験のみお知らせしています。)

・7月29日~31日 新潟ふるさと村
  「夏休み自由木工教室」
    10:00~16:00
   体験料:400円~(作るものによって異なります)

・8月3日 長岡まつり「わんぱくおまつり広場」
       (NPO法人 グリニッシュ「森のコーナー」へ協力)
     11:30~15:30
    参加費:1作品 500円

・8月10日~8月17日 新潟県立植物園
  「木の手づくり木工教室」
     10:00~15:00
    参加費:400円~3,000円くらい(作るものによって異なります)

   
スポンサーサイト

中ノ沢森林科学館 木工体験 団体予約状況(2017年7月29日現在) 

中ノ沢森林科学館からのお知らせです。

下記の日時は木工体験の団体予約が入っておりますので、ご注意ください。
・7月29日 午後
・8月10日 午後

7月29日 天候くもり 気温22℃ (7時現在) 夜中の強雨は終わって今はどんよりとしたくもり状態

夜中にはかなりの強雨に見舞われた中ノ沢ですが、今はどんよりとした曇りで落ち着いています。相変わらずカラスが鳴き交わしています。
170729 今日の空
空はこんな感じ。 雨上がりの落ち着いた曇り空、ところどころ明るいのですが、どんよりとしてます。

道路わきの梨の木
170729 ナシ
今年は大豊作。まるでサクランボのように実をつけています。 この梨、食べてもおいしくないので残念。多くは鳥たちの餌になります。

今日はこれから新潟ふるさと村に出張、夏休み恒例の工作教室です。10時からスタートですので興味のある方は是非参加ください。だれでも予約なしの任意受付で自由に参加できます。
材料費は400円~2500円です。
この教室は今日から3日間、月曜日まで開催します。

明石浩見

ようやく青空が見えました。7月26日天候晴れ 気温21.5℃(7時45分現在) まだメジロの発生はありません。

昨日までの長雨が終わって、今朝は青空が見え始めました。朝の気温は21.5℃ 日陰は涼しいくらいの気温ですが、日向に出るとやはり夏の日差し、暑く感じます。
今朝は雨上りの森林公園の様子をお届けします。
170726 科学館
森林科学館 奥の笠菅山の霧があがってきて、科学館裏のスギの木ときれいなコントラストを描いています。

森の中は昨日までの雨で、元気を出したキノコが顔を覗かせています。
170726 クサハツ
オキナクサハツ ベニタケ科のなかでもこのキノコは毒菌です。

170726 ツルタケ
ツルタケ 食べられるとはいえテングタケの仲間は怖いですね。食べたいときは良く調べてください。

170726 イグチ科SP1

170726 イグチ科SP2
上二つはイグチの仲間 種の判別は難しい仲間です。

170726 サルノコシカケ科SP2
170726 サルノコシカケ科SP 
この仲間が生きた樹木の根元に出た場合は要注意。木が枯れてしまいかねません。

中ノ沢川本流の様子。普段よりも水量が多いもののメジロ(イヨシロオビアブ)の発生を見ない今のところは快適な川遊びができます。
170726 河原

170726 河原岩山
河原のテントサイト

トンボも元気に飛んでいました。
170726 ミヤマアカネ1 170726 カワトンボ170726 トンボSP

タニウツギの葉っぱに毛虫が!
170726 オビガ幼虫
オビガの幼虫です。良く見るとなかなかきれいな毛虫です。この毛虫は毒はないのでさわっても大丈夫です。

170726 天杉一郎
真夏の天杉一郎。 今日も普通に立っています。 元気です。彼にとって雨は恵みです。

170726 キツネノボタン
道路の縁にはキツネノボタン。 小学生の頃、簡単な植物図鑑を買ってもらって、その図鑑に載っていたのがこれ。野の植物の定番です。懐かしさのあまり撮ってしまいました。

170726 ホオノキ
青空をバックにホオノキが元気いっぱい葉を広げています。

今日は梅雨が明けるでしょうか? もし開けたとしても前線南下型の梅雨明けでちょっと不安な明け方ですが。 今年の夏はどんな夏になるのでしょう。
今のところはメジロもいない状況ですが、彼らは必ずやってきます。暑くなると出てきます。

明石浩見

通行止め解除。 本日中ノ沢ー内川線の通行止めは解除になりました。

7月25日 昨晩に落石危険のために通行止めになった中ノ沢への道路は本日通行止めが解除され通行可能になりました。中ノ沢へは通常通り2本の道路が通行できます。

今日は朝から緑の学校 地元津川の中学校の生徒が森の体験教室にやってきました。
皆、楽しく活動していきました。
25日 19時25分現在 天候くもり 気温22℃ ようやく雨が止んで明日はおひさまが出ることを期待してます。 でも暑くなりすぎると嫌ですね。
明石浩見

7月24日 19時50分 中ノ沢―上島間の道路が落石危険のため通行止めになりました。 う回路は石戸ー中ノ沢の道路のみです。

7月24日 19時42分配信 「中ノ沢内川線(中ノ沢ー上島間)が落石の危険のため通行止めになりました。」 中ノ沢に入る道路は石戸ーゴルフ場経由の道路のみとなります。
今日は一日雨が降り続きました。 この時間になっても時々強い雨が降ってきます。中ノ沢地内はかなり地盤が緩んでいると思われます。道路を通行する際はくれぐれもご注意ください。
明石浩見

大雨になりました!! 7月24日午前8時現在 天候雨 気温22.5℃ 雨は時々激しく降ります。現状はブログにて公開します。

夜中からの激しい雨、この時間、科学館の駐車場が水たまりになってきました。
170724 科学館駐車場

まわりの山から水が流れ込みます。
170724 遊歩道が川
遊歩道が沢のようになっています。

170724 車道が川1170724 車道が川2
車道も川です。

この付近を流れる2本の大きな川、幸地蔵川と三階滝沢(本流) の様子は?

170724 幸地蔵川
科学館脇を流れる幸地蔵川の様子
170724 幸地蔵川堰堤
幸地蔵川の砂防堰堤、あと40㎝上昇すると科学館方面に水があふれ出すところまできました。

中ノ沢川本流の三階滝沢の状況
170724 本流
この流れが橋を乗り越えれば、田畑が冠水してしまいます。

上流の河原のテントサイト付近は?
170724 河原の状況1 170724 河原の状況2
川があふれてテントサイトに侵入し始めました。

170724 科学館脇
科学館脇は既に川と化しています。トイレの水がはけなくなってきました。

この時間少し小降りになりましたが、レーダーとひまわり画像を解析するとまだまだ予断は許せません。波状攻撃のように雨が降り続きそうです。
とりあえず現状をまとめました。
緊急時にはまた報告します。

明石浩見

涼しい朝です。 7月20日 午前6時10分現在 天候晴れ 気温20.0℃ 

朝は涼しい中ノ沢です。いまだ北の高気圧圏内なのでしょう。でも、にっちゅうは ぐんぐん気温が上がりそうです。
今日はこの時期の花を紹介しましょう。
170719 ノリウツギ
まずは木の花から  ノリウツギ 
この木は和紙のつなぎのノリに利用されます。とっても堅い木です。

170719 タケニグサ
タケニグサ

170719 オカトラノオ
オカトラノオ

今日も暑くなりそうです。 
これから草刈りに出かけます。
明石浩見

夏のキノコが出始めました。 タマゴタケなどなど 7月19日13時20分現在 天候晴れ 気温27.5℃ カラスが盛んに鳴いています。

ここ数日、夏のキノコが顔を出し始めました。
出始めて間もなく昨日の大雨に当たって子実体の完成を見ないまま溶けてしまったり、へし折れたりとキノコの出るタイミングはまさにおテントウさま任せなので大変です。
こっちはただ鑑賞する身なので、題材が増えて楽しいのですが。

さて、昨日の大雨で大きくなり始めたばかりのタマゴタケはどうなったでしょう。
溶けそうな状態でしたが?
170718 タマゴタケ1 170718 タマゴタケ2
7月18日早朝のタマゴタケ
さて?
170719 タマゴタケ残骸2
7月19日早朝 昨日と同じ個体 何とか開いてかたちを維持するも・・・・。
逞しい姿です。

170719 タマゴタケ残骸1
こちらはカサが折れてしまっています。
170719 タマゴタケ残骸3
残骸のように変わってしまったタマゴタケ

タイミング良く出たタマゴタケはとってもきれいなキノコです。
170719 タマゴタケ2 170719 タマゴタケ1
これが食べられるのですから。  
テングタケ科のタマゴタケは菌根菌、樹木との共生関係を保って、木にとっては無くてはならない菌です。

170719 テングタケ1
これもテングタケ科のキノコ? ツルタケであれば食べられるのですが?

170719 テングタケ2
これもテングタケの仲間。大雨にも負けず何とか形を保っています。
この仲間も菌根菌です。

170719 キノコ残骸1
倒れたキノコもあります。

今度はイグチの仲間。
170719 イグチ1
ベニイグチでしょうか。イグチの仲間は柄、カサともにしっかりとしてなかなか崩れそうにないキノコです。

170719 アイタケ2
アイタケ。独特なカサの色合いが特徴で一発で見分けられるキノコです。
170719 アイタケ1

最後にキノコの本を紹介しましょう。
キノコの本は食べられるか食べられないか?毒か無毒か?をテーマにした本がほとんどなのですが、このキノコの本は一味違います。
生き物(菌類)としてのキノコとは何ものなのか?森の中でのキノコの位置は?などをテーマに、豊富な生態写真を交えてわかりやすく解説した本です。食べ物としてのキノコから自然界の生き物としてのキノコへと、新たなキノコの魅力に取りつかれるきっかけになりますよ。
是非ご一読を。
  たのしい自然観察  きのこ博士入門 根田仁/著 伊沢正名/写真 
              全国農村教育協会 1700円+税
明石浩見


昨日から一転、天気は夏空になってきました。 7月19日天候晴れ 気温21℃(7時20分現在) 

170719 雨上がり1
170719 雨上がり2
朝方かかっていた霧が晴れて青空が出てきました。

170719 河原1 
大雨で被害が危ぶまれましたが、中ノ沢は無事。川は一時増水したものの、今朝は若干多めの水量ながら濁りもなく穏やかな川に戻りました。
気温は21℃とはいえ、日中は暑くなりそうです。

170719 河原2 170719 河原3
今のところ、メジロ(イヨシロオビアブ)の発生はほとんど無く、快適な川遊びができそうです。
しかし、メジロは毎年恒例のように現れます。この平穏があと何日続くことやら。
河原のメジロ情報は逐次報告したいと思いますので、参考にしてください。

明石浩見