FC2ブログ
プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積雪68㎝! 森林科学館周辺は真冬の銀世界です。 12月14日 8時30分現在 気温マイナス0.5℃ 天候雪

とうとう雪に埋もれる季節が到来しました。根雪になるには少し早いと思っていましたが、どうやらこの雪は来春まで消えることはなさそうです。
積雪は68㎝、計測棒をご覧ください。
171214 積雪 171214 積雪計測
簡易計測棒に1メートルのスケールを差し込んでみました。
雪はふんわりとして、歩くと膝上まで潜ります。子供たちの雪遊びにはことかかない雪の量です。

科学館までの道路は昨日の除雪のおかげで6センチ程度の積雪でFF車であればなんとか入ってこれる状況です。もちろん4WDであれば快適に来れます。
171214 道路
道路は真っ白、路面に6センチ程度の積雪です。雪は軽いので車の運転は楽です。

171214 科学館正面
公園の管理棟に向かう道路、路面状態がはっきりわかると思います。

科学館など構築物を除いては皆グレースケールの世界になりました。
171214 科学館と笠菅山
奥は笠菅山です。
171214 展望台
展望台 ちょっとだけ、朝日の色で赤っぽくなりました。
手前の天然杉群が良くわかります。

171214 科学館裏
科学館裏の屋根の雪がどんどん落ちて、地面と屋根がつながりつつあります。
この屋根の形状と高さは多雪地には不向きです。
もうすぐ屋根と地面がつながって、雪の切り離しに追われることになります。

まわりの樹木達の様子はどうでしょうか?
171214 コナラ1
コナラ
171214 コナラ2
太い枝に雪が乗っかって重そうです。

171214 ヤエザクラ
ヤエザクラ 
こちらはツルが絡まり放題のため、雪の付着で地面方向に引っ張られて苦しそうです。ヤエザクラは普通の状態でさえ雪には弱くて、枝の付け根から裂けやすいので要注意です。

針葉樹はどうでしょうか?
171214 アカマツ
アカマツ 
上の方には雪が少ないのですが、下枝にはかなりの雪が積もってしまっています。
重そうです。

171214 スギ
スギ 
下枝の葉が多いせいか、やはり下の方に雪が多く乗っかっています。
この木は円錐形の形状が雪を振り落すのに役立ちます。スギの枝は上下方向にばねのような動きをします。風の力を借りて積もった雪を振り落します。

171214 イチョウ
イチョウ
針葉樹のなかまなのですが、落葉性なので雪には強そうです。

樹木達の冬の様子をご覧いただけたでしょうか。木の種類によって雪のつき方や着いた雪に対処する方法が大分違います。
樹木にはまだまだわからないことがたくさんあります。今後も随時このブログで樹木の謎めいたしぐさなどを紹介していきたいと思います。

明石浩見



12月13日 午前8時50分現在 天候雪 気温マイナス1.5℃ 積雪約60センチ

昨日から雪が降り続いて、積雪はとうとう60センチくらいにまで達しました。
171213 科学館前駐車場
駐車場の除雪も大変です。

171213 森林科学館

樹木はすっぽりと雪の中、今回の雪は重くて付着しやすいため、樹木にとってはかなりのストレスになりそうです。折れないことを祈ります。
171213 森林公園
スギもコナラもわたぼうし、人にとってはとても綺麗な景色です。
171213 コナラ

この時間、雪は小降りになりましたが、まだ降り続いています。今回の雪はどのくらいの積雪になるでしょう。
取り急ぎの近況報告でした。    明石浩見

また雪が降り始めました。12月7日午前7時現在 天候雪 気温マイナス0.5℃ 積雪13センチ

早朝は曇っていましたが、7時頃からまた雪が降りはじめました。
171207 科学館正面
山は白と黒の世界、その中に森林科学館がアクセントを添えています。
冬の山は厳しく、寂しく、寒い。その中で、森林科学館は暖かさを与えてくれて、ホッとさせてれます。

171207 駐車場
昨日はこの冬2度目の除雪が入りました。まだ15センチほどの積雪ですが、車にとっては大変。除雪のおかげで科学館は通年営業できます。
雪の山を散策するにはとても良い環境が整っています。

今日は雪をかぶった木々の様子を紹介しましょう。
171207 コナラ
コナラ

171207 ナシ3
ナシ

171207 ヤエザクラ
ヤエザクラ

171207 コブシ
コブシ

171207 イチョウ
イチョウ

171207 ミズキ
ミズキ

樹木によって樹形、冬芽の形状や大きさが違います。それによって雪のつき方や量が変わってきます。雪は各々の木の特徴を教えてくれます。
これから冬本番、樹木の観察が楽しくなる季節です。

171207 ナシ1 171207 ナシ2
ナシはまだ実をつけていました。

今日はスノービーチ(雪国のブナの意)材を使った試作品の製作に追われそうです。

明石浩見

12月6日 朝6時45分現在 天候雪 気温マイナス1℃ 積雪約5センチ 本格的な冬がやってきたようです。

森林公園の朝はとても寒い。空は鉛色の雪空、雪がしんしんと降り続いています。
171206 森林公園1
駐車場は真っ白。6時30分頃は雪はあまり降っていなかったのですが、6時45分頃から本格的に降り始めました。

木に雪の花が咲いています。
171206 森林公園2
このくらいの雪のかぶり方であれば、木へのストレスはそんなに強くないようですが、これ以上の着雪になると危なくなります。船体着氷警報ならぬ樹体着雪警報の発令になります。
171206 森林公園3
スギの葉にも雪が付着し始めています。
見る側の人間にとっては、白銀の美しい世界、ここにいるからこそ見ることのできる雪と木の芸術です。

171206 積雪計測ポール
今年も森林科学館脇に積雪計測ポールが立ちました。今年もこのポールが大活躍するでしょう。
森林公園の積雪はこの簡易なポールで計測して随時このブログでお伝えします。
既に10年以上のデータの蓄積があるので森林公園の積雪の基準です。
毎日欠かさず目盛を読み取ろうかと思っています。

寒い朝の森林公園からでした。                    明石浩見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。