FC2ブログ
プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2019年5月8日、五頭山登山口周辺の森の様子。 元号が変わっても森は変わらず。いつもの春と同様、瞬間的変化を続けています。

今朝は霜が降りるほど寒い朝でした。霧がかかり、きりっと締まるような寒さ、春とはいえまだまだ暖かさは一進一退です。
さてそんな中、森は一体どんな動きをしているのでしょうか?
五頭山登山口周辺の森の変化をリアルタイムでお届けします。

ブナの開葉前線はとうとう標高約940Mの与平の頭稜線付近にまで達しました。
190508 ブナ前線
190508 ブナ前線2 

4月29日は下の画像のような状況でした。
190429 ブナ前線2
わずか10日でこれだけ変わりました。

それでは足元の森の樹木はどうでしょうか?
190508 ブナ葉 
ブナは既に大きく開いて緑が濃くなってきました。

イタヤカエデを4月29日と比較してみましょう。
190429 イタヤカエデ3
4月29日

190508 イタヤカエデ新緑
5月8日

さらにアップすると
190429 イタヤカエデ1
4月29日

190508 イタヤカエデ葉
5月8日
10日間のイタヤカエデの劇的な変化には驚きますね。

次はミズナラです。
190429 ミズナラ
4月29日

190508 ミズナラ 
5月8日

ホオノキ
190429 ホオノキ
4月29日

190508 ホオノキ芽吹き
5月8日
樹木たちの、「止まらない動き」 の結果がこのような劇的な変化を見せてくれるのでしょう。
生き物は常に生きるための努力をしています。

ここからは樹木の今日5月8日現在の姿を紹介しましょう。

ハクウンボク
中ノ沢地内では比較的多く、エゴノキよりも頻繁に見られます。5月下旬頃からの花期には白く垂れ下がった花穂は見事。材は緻密で粘りがあって白いので将棋の駒などの彫刻材に用いられるとのことです。森林科学館では雪折れ木を輪切りにしてコースターなどの材料にしています。
190508 ハクウンボク接写 190508 ハクウンボク

ウリハダカエデ
以前はこの樹皮から、繊維を採っていました。樹皮の採取の仕方にはコツがあって時期と採取部位と良質の樹皮を持つ木の見定め(同じ樹種でも皆違う個性があります。)にポイントがあります。
山人の生活の知恵です。
190508 ウリハダカエデ花接写 
190508 ウリハダカエデ

ケナシヤブデマリ
190508 ケナシヤブデマリ接写190508 ケナシヤブデマリ 

ウワミズザクラ
この実でアンニンゴ酒をつくります。あるいは塩漬けにして食したりします。材は生立木の時に虫害を受けてできたピスフレックと言う独特な傷が多いのが特徴。他のサクラに比べると腐りにくいのも特徴です。
190508 ウワミズザクラ接写 190508 ウワミズザクラ

ヤマブドウ
ツル細工に利用できるほど、細工に適したツル。中ノ沢にもこのツルで上手に籠を編むおじいさんがいましたが、大分前に亡くなり、技術は途絶えました。只見町にはまだこの技が残っているようです。
190508 ヤマブドウ葉接写 190508 ヤマブドウ
2枚の葉の真ん中にある赤いのが花芽です。

サワグルミ
オニグルミと違って食用にはならず。材は白くて軽く、割裂性に乏しいため薪にもならず。以前は桐下駄の代用として下駄材に用いられたとか?燃料革命後はマッチの軸木や割りばしなどに利用されました。
190508 サワグルミ接写 190508 サワグルミアップ190508 サワグルミ
長く垂れ下がった雄花。一つの雄花のまとまりの上に若干赤い花穂がありますが、これが雌花でしょうか。

タムシバ
カムシバが語源だそうで、山人のささやかな嗜好品だったようです。
枝を折るとミント系の良い香りがします。
190508 タムシバ花 
日陰ではまだ花が健在。
花の中を覗いてみると
190508 タムシバ花接写 
花の本体が。

さて、今年はフジがたくさんの花芽をつけています。
190508 フジ 接写 190508 フジ
あと1週間もすれば開花でしょうか?
今年のフジはきれいにまとまって咲くかもしれません。期待します。

オオバクロモジ
和菓子に添える楊枝の材料です。でもこの話はどちらかと言えば余裕のある人たちの間での生活に豊かさを求める利用法かなと思います。日々生活に追われていた山人の間ではこの木を頻繁に利用したという話はあまり聞かれません。ただ、炭焼きをやっている頃はアブラチャンと共に着火に利用したとのことです。生でも燃えやすい木だからです。
190508 オオバクロモジ接写 190508 オオバクロモジ
花は終わりに近づいてきました。
クロモジはカエデなどに比べると花期は大分長いようです。

最後にキハダを紹介します。キハダは山人の生活にとって欠かせない薬を提供してくれる樹木です。
樹皮の利用は採取時期と樹齢がとても大事なポイントです。黄色い内皮が外皮から離れるような時期、薬用成分が最も旺盛な樹齢の木を選びます。
190508 キハダ接写 190508 キハダ190508 キハダ枝振り

ちなみに10日前にはこんなでした。
190429 キハダ1


樹木たちの素顔はいかがでしたでしょうか?
樹木は動かず、常に同じところにあります。一見すると動きがないように見えますが、なんのその、その時間的な変化はとてもスピーディーで 一瞬一瞬が目を離せないのです。
カタツムリやナメクジが歩くのと似た感覚で、目を離している隙にどこかにいってしまいます。
木々の毎日を追うことは大変なことですが、これも山に暮らしているからできることです。

このブログは木の学校の当初からの理念を引き継いで書いています。
生活基盤たる山からでしか発信できないリアルタイムな生の情報を提供することを心がけ、これからも山から街に向かう矢印で、地に足がついた情報を提供し続けたいと思います。
文責  明石浩見








 

 

 
スポンサーサイト