プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

霧氷の樹木たち。 凍み渡りは観察には最高の条件。どんな場所にも簡単に行けてしまう。

今朝は思ったよりは冷え込みは小さく、最低気温はマイナス5℃程度でした。しかし、空は快晴、雪は前日からの好天で締まっていて、その条件が幸いして凍み渡りの現象が起きました。凍み渡りは森林内の藪が雪で覆われている真冬の季節、藪を気にせずどんなところにも自由に行き来できるようになります。観察には最適の現象です。
180120 凍み渡り
雪上を走り回れます。早朝7時前です。凍み渡りは朝のうちが勝負。陽が昇って気温が上がると潜りはじめます。

昨日の予想通り、霧氷が樹木に付着、樹木達の冬の姿をご覧ください。
180120 タラノキ冬芽
タラノキ

180120 コブシ冬芽
コブシ

180120 イチョウ冬芽
イチョウ

180120 ソメイヨシノ冬芽
ソメイヨシノ



180120 ヌルデ冬芽
ヌルデ

180120 スギの葉
スギ

景色もあちこちから撮影できます。

180120 朝焼けと栗
朝焼けとクリの木

180120 稜線遠望2
田んぼの真ん中から五頭稜線遠望

180120 稜線遠望
科学館の裏山からの五頭稜線

180120 大クリと科学館
裏山の大栗と森林科学館

180120 展望台とコナラ林
展望台と霧氷のコナラ林

今朝は凍み渡りのおかげで桜の芽を食している連中をとらえることができました。
180120 ウソ2 
この小鳥たちです。
逆光でなかなか種を特定できません。
180120 ウソ1
サクラの枝のあちこちで冬芽をついばんでいます。

180120 ウソ3
カメラの限界までズームアップ、さらに露出をプラス補正してようやくとらえました。
喉元が赤い感じ。 どうやらウソのようです。
ウソによるサクラの花芽の食害は有名ですが、ここでも例にもれず食害?が発生しています。
とはいっても彼らとて生きていかねばなりません。そっとしておいてあげましょう。
サクラにとっては受難かもしれませんが、この程度は織り込み済みでしょう。

明石浩見
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント