プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の朝を迎えました。雪の降り方は強弱を繰り返しています。今朝は樹木と雪をテーマに考察してみました。

天気予報は雪ですが、同じ雪でも千差万別、その日の気温や風の状態によって全く違った雪質になります。スキー競技をやっている人ならよくわかるはず。アルペンでもノルディックでもワックスが鍵、その日の気温や雪温で細々とワックスを選択して競技に備えます。専属のワックス専門のトレーナーが選手を補佐します。

では、樹木にとってはどうでしょう。
樹木とて同じこと、その日の雪質や天候によっては自分の枝が折られたり、最悪の場合根が抜けて体ごとひっくり返ります。
今朝24日の雪と22日の雪を比較してみましょう。
今朝の雪です。
180124 科学館前
科学館前の駐車場の降雪量は約30㎝、朝の気温はマイナス3℃ 風が強い吹雪でした。

それでは22日の朝の様子です。
180122 科学館前
この日の降雪量は約10㎝ 朝の気温はマイナス2℃ 風は微風でした。
上の写真と同じ方向を撮っているのですが、公園の看板が見えにくくなっています。

スギの様子はどうでしょう。
今日24日
180124 科学館前2

22日朝
180122 科学館前2
ちょっと角度が違いますが、左下の2本のスギは上の写真のほぼ中央にある2本のスギです。

雪質と風は樹木にとっては受難の分かれ目です。風が強くさらっとした雪の場合は大丈夫なのですが、風が弱くてじめっとした雪は大敵です。
180113 雪折れスギ
1月13日はとてもいい天気、風もなく最高の朝でしたが、樹木にとっては災難の日でした。前日の湿った雪が樹木を被い、風がない静穏の日でした。
180113 雪帽子スギ
人にとってはまたとないシャッターチャンスの日でも木にとっては凄いストレスを感じた日だったのでしょう。

雪国新潟の気候は木にとってはとても大変な気候です。スギの木のかたちをみればその大変さが感じられます。
これが秋田まで緯度をあげれば、雪がさらっとしているためか、秋田ではきれいに真っ直ぐに伸びたスギが目を惹きます。秋田杉の所以です。
でも、雪は木にとって悪いことでだけではないのも事実です。それは次回にしましょう。

明石浩見
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。