プロフィール

とっち

Author:とっち
お山の森の木の学校のスタッフのとっちです!
とちのみでできています!
よろしくおねがいします!

アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩屋の氷柱 森林公園周辺には大岩がゴロゴロ、その一つ一つに特徴があります。

今朝は森林科学館近くの川べりにある大岩を訪ねてみました。
岩はひさしのようにせり出して中は人が4~5人位入るほどの空間があります。
その大岩のひさしには大きな氷柱ができていました。
180227 氷柱1
氷柱の太い部分は直径が40㎝以上あります。
早朝の朝日を期待して撮影を試みましたが、太陽のある方向にスギ林があって思うように光が差し込みません。
180227 氷柱4
ようやく少し陽が当たって氷がきらめいてきました。

岩屋の中に入って内側からの景色を撮ってみました。
180227 氷柱6
岩と雪、氷柱と樹木、そして朝日が良い感じの窓景色をつくっています。

180227 氷柱7
氷をアップしてみました。まるで樹木の肌のようです。

耳を澄ますと水の音、沢水の音以外に雫が落ちる音がします。氷点下4℃、氷柱が融けているわけはないのですが。

180227 氷柱9 180227 氷柱10
推測するに、岩の間からわずかの地下水が出ていて、それが理由でこんな大きな氷柱ができたのではないかと思われます。(雪が融けたらまた来てみよう。)

180227 氷柱8 180227 氷柱11
周りは雪に覆われていますが、岩屋の中は雪が無く乾いています。
動物の足跡があちこちについているのを見ると、どうやら動物たちが出入りしているようです。
真冬でも乾いた地面が保たれる環境は動物たちにとっては過ごしやすい場所に違いありません。

180227 足跡1
岩屋の眼下にもウサギのはねた跡がたくさんありました。

180227 氷柱2 180227 足跡2
近くに渓流があるのも動物たちにとっては好都合なのでしょう。

わずか30分ほどの散歩でもこんな考察を綴ることができます。
自然は奥が深くて興味深い。                           
                                  明石浩見

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。